2016年

2016.12.10~11 第31回「櫻田記念」全日本9人制バレーボール実業団選抜男女優勝大会 優勝‼

image29

12/10(土)予選リーグ
      JFE西日本 2-0 四国電力(香川)
      JFE西日本 2-0 造幣局(大阪)
      JFE西日本 2-0 住友電工伊丹(兵庫)

 12/11(日)決勝トーナメント
      JFE西日本 2-0 横河電気(群馬)
 (準決勝)JFE西日本 2-0 サンデン(群馬)
 (決勝) JFE西日本 2-1 富士通(兵庫)

          

予選リーグから全国強豪との5試合は全てストレート勝ち。決勝戦は富士通を相手に第1セットを落としましたが、第2.3セットを連取し逆転で初優勝を決めました。また表彰式では40歳の最高齢阿波選手に最優秀選手賞が送られました。

今大会は金沢で開催され、遠方にも関わらず応援に来てくださった職場の方々、JFEファンの皆様の応援の後押しも有り、悲願の初優勝(日本一)を2016年最後の大会で飾ることが出来ました。来シーズンからも全国大会連覇を目指し、高い志で活動して参りますので、ご声援を宜しくお願い致します。


2016.11.11~14 2016年全日本総合選手権大会 ベスト16

20161116082104199_000001

11/12(土)予選グループ戦
  4チームずつに分けられたグループから3チームが決勝に進む予選
  グループ戦は1試合のみで勝ち抜けました。

 ○JFE西日本(広島) vs ×NO NAME(埼玉)
        ○21 - 14×
        ○21 - 14×
    セット数○2  - 0×

11/13(日)決勝トーナメント初日
  抽選会の結果、JFE西日本のブロックには昨年の本大会およびV9
  チャンプリーグ優勝の住友電工に加え、富士通、JT東京とV9チャン
  プリーグ参戦の8チーム中、4チームが入るという激戦区になりました。
  
 ○JFE西日本(広島) vs ×ZERO(滋賀)
        ○21 - 7×
        ○21 - 4×
    セット数○2  - 0×

 ×JFE西日本(広島) vs ○住友電工(大阪)
        ○21 - 14×
        ×19 - 21○
        ×13 - 21○
    セット数×1  - 2○
  *誠に惜しい試合でした。1セット目は森崎と松尾の強烈なサーブ
   で大きくリードを広げ、宮崎のピンチサーブも効いて終始リー
   ドを守り快勝。
  *続く2セット目は地力を発揮し始めた住友電工と点を取り合う
   混戦の好ゲーム。最後の一歩の詰めが出来ず、大事なセットを
   落としてしまいました。
  *3セットは2セット目から勢いに乗った住友電工に序盤からリー
   ドを許してしまい、サーブレシーブにも苦しみながら追いつけ
   ないまま敗戦となりました。守りの要が業務で参戦出来なかっ
   たことが悔やまれます。

ベスト8も逃す結果となりましたが、住友電工との接戦は全国トップと互角に戦える自信とチームの課題を確認できました。12月金沢で開催される櫻田記念大会で今年最後の日本一にもう一度挑みます。今後ともご声援宜しくお願い致します。

2016.11.5~6 第13回中国バレーボール総合選手権大会 優勝(6年連続)

82

2日間にわたり、鳥取県米子市で中国バレーボール総合選手権大会が行われました。

【準決勝】

JFE西日本(広島) VS 気高クラブ(島根)
        21 - 12
        21 - 14
【決勝】

JFE西日本(広島) VS 日立笠戸(山口)

        21 - 10

        21 - 11

若手の起用もありましたが、対戦相手がどのチームであろうと自分たちのリズムでムードをおとさず、決勝戦まで戦うことができました。

決勝戦では森崎選手のサービスポイントで圧倒し、リードを一気に広げながら勝利をつかむことができ、今回6連覇を達成することができました。

遠方にも関わらず、ご家族の方、職場の方、JFE関係の方々、応援に来て下さりありがとうございます。

来週の全日本総合大会もチーム一丸となって、全国制覇できるよう頑張りますので、今後ともご声援宜しくお願い致します。

2016.10.21~23 第2回V9チャンプリーグ福山大会 5位

20161025114101735_000001

地元福山で初開催V9チャンプリーグの結果は5位に終わりましたが、1位住友電工大阪と3位富士通、4位の横河電機に勝利し、2位中部徳洲会にもフルセットの好ゲームを繰り広げました。今回の全国トップ8チーム、3日間のリーグ戦という厳しさを表してか、全勝チームはなく上位3チームも2敗5勝という結果の混戦でした。

 

 ■順位表
   (チーム名)   (勝敗)(得失セット数)
 1位 住友電工(大阪)  5勝2敗 11得5失
 2位 中部徳洲会(沖縄) 5勝2敗 11得6失
 3位 富士通(兵庫)   5勝2敗 10得7失
 4位 横河電機(東京)  4勝3敗 10得7失
 5位 JFE西日本(福山)  4勝3敗 10得8失
 6位 住友電工伊丹(兵庫)3勝4敗 6得9失
 7位 JT東京(東京)   1勝6敗 6得13失
 8位 サンデン(群馬)  1勝6敗 3得12失

 

3日間に渡り延べ400名近い方々に応援に駆けつけて頂き、職場の皆様、関係会社、家族の皆様、大変有難う御座いました。
JFEブルーのTシャツを着て白い棒風船を叩きながら送って頂いた熱い声援は選手達の大きな力となりました。

応援団有志のリードによる息のあった大応援は他チームからも、全日本や県、市のバレーボール実業団連盟、協会の方からも羨ましがられ、間違いなく日本一のものでした。
上位チームと互角に戦えるJFE西日本にはトーナメント戦ではチャンスがあります。年内あと2回の全国大会で日本一を目指しますので、今後とも熱いご声援宜しくお願いします。

2016.10.1~10.2 第5回徳洲会カップ 3位

20161005082455893_000001

10/1(土) リーグ戦1日目

 JFE西日本(広島) VS 住友電工伊丹(兵庫)

         19 - 21

         21 - 14

         22 - 20

 

 JFE西日本(広島) VS リコーインダストリー(宮城)
         22 - 20
         21 - 15

 

 JFE西日本(広島) VS 住友電工(大阪)
         15 - 21
         20 - 22

 

10/1(土) リーグ戦2日目

 JFE西日本(広島) VS 中部徳洲会病院(沖縄)

         21 - 19

         15 - 21

         13 - 21

 

 JFE西日本(広島) VS サンデンHD(群馬)
         21 - 11
         21 - 16

 

優勝  中部徳洲会病院  5勝0敗

準優勝 住友電工大阪   3勝2敗

3位 ★JFE西日本   3勝2敗

4位  住友電工伊丹   2勝3敗

5位  サンデンHD   2勝3敗

6位  リコーインダストリー   0勝5敗

 

2016.7.23~25 第69回全日本実業団男子選手権大会 ベスト8

image8

 

7/23 (土) 予選グループ戦

  9:30~JFE西日本(広島)vs 造幣局(大阪)
           21 - 15
           22 - 20
 *緒戦の固さが少し見られ、2セット目はフルカウントになりましたが、ベテラン阿波選手のカバーも良く勝利。
 *全国各県から選抜された56チームから42チームが決勝トーナメントに進みましたが、JFE西日本も第2シードを守って勝ち抜けました。

 

7/24(日)決勝トーナメント初日
 12:50~JFE西日本(広島)vs JR九州(福岡)
           21 - 10
           21 - 15
 15:30~JFE西日本(広島)vs ヤマハ(静岡)
           21 - 12
           21 - 14
 *会場の他チームも羨むようなJFE大応援団の息の合った応援をバックに選手達の動きも昨日とは全く違いました。
 *若手も起用しながら終始相手チームを圧倒する試合展開。応援団の皆様からもバレーボールこれほど楽しく気持ちの良いものかと、喜んで頂けました。

 

7/25(月)決勝トーナメント最終日結果
 9:30~準々決勝 JFE西日本(広島)vs 住友電工伊丹(兵庫)
       (第1セット) 21 - 13
       (第2セット) 17 - 21
       (第3セット)  8 - 21
 *第1セットは松尾選手らのサービスで圧倒し、リードを徐々に広げながらの快勝。
 *第2セット、前半6点のリードを許すものの伊東選手のサービス連続得点などで一旦は追いつきましたが、僅差でセットを落とし。
 *第3セットも滑り出しからリードを許してしまい、途中ベテラン阿波選手がコートに入りチームを盛り上げてくれましたが、終始追いつけず波に乗れないまま敗戦となりました。

 若いJFE西日本のチームは一旦波に乗れば十分力を発揮できますが、リードを許した接戦で流れを引き込む底力と駆け引きの上手さにも課題がありました。日本一の壁はまだまだ厚いですが、この悔しさをバネに今年10月からの全国大会3つで夢を叶えるべく、もう一度チーム作りを行ってまいります。
今大会では福山からかつてない大応援団に声援を頂き、大変有難う御座いました。

2016.6.4~5 H28中国実業団選手権 優勝

image7

2016.6.4~5 倉敷市福田公園体育館でH28中国実業団選手権に参加しました。

昨年は赤城カップ(V9チャンプリーグ)と重った為、Bチームが出場し準優勝でしたが、今大会はJFE西日本(Aチーム)、JFE福山(Bチーム)の2チームがエントリーしました。

特にBチームについては新人を中心に若手メンバーで編成し、試合経験を積み上げることを課題とした出場でした。Aチームは順当に又、Bチームも新人の活躍もあり、両チーム共に決勝戦に駒を進めJFE対決となり、JFE西日本が優勝、JFE福山が準優勝の結果となりました。今後の展望としては、2段トスで両サイドから相手ブロックを利用しボールをもらって、もう一度良い形でコンビを組み立てていけるか! この辺の詰めと出来が、今後のチームの戦う上での課題となっていくだけに更に練習と練習試合での場数が大切になってきます。

もうひとつは、絶対に勝つという「信念」をひとり一人が持ち続けて戦うことを期待します。

2016.5.3~4 第17回福山強化練習会

image3


2016.5月3日~4日、毎年GWの恒例行事で、2会場に分かれて2日間の強化練習会を行いました。

どのチームも総合部のような企業チームでなく、JFE西日本バレー部同様の同好会やクラブチームで長年当部と全国大会出場を夢見て切磋琢磨してきた、男子23チーム、女子5チームが福山に集まりました。
 今大会もJFE西日本(Aチーム)とJFE福山(Bチーム)の2チームが参加して、2日間で7試合(A)と6試合(B)を行い、後半は体力と気力の勝負でもありましたが、選手たちは7月の全国大会に向けてこの強化練習会で本格的な調整と更なる課題が見えたことと思います。


2016.4.24 中国実業団広島県予選 優勝

image2


 2016.4.24 2016年度、初めての公式戦となります、広島県廿日市大野体育館でバレーボール実業団広島県予選が行われました。

JFEから2チームとJR西日本、三菱日立パワーシステムズの計4チームのエントリーしかなく、全チームが本大会出場は確定の下で順位決定トーナメン
ト戦を行いました。
Aチーム(JFE西日本)が優勝、Bチーム(JFE福山)が準優勝と全てストレート勝ちで1,2を決めることができました。新人5人のデビュー戦でもあり、若手中心のBチームは即席ポジションで練習不十分ながら元気溌剌のプレーで会場を沸かせてくれました。