全日本実業団選手権大会(仙台) ベスト8

□7/21(土)予選ブロック戦
○JFE西日本 vs ×リコー沼津
     21 - 7
     21 - 13

*負けられない緒戦。控え選手。新人もコートに立たせながら無事
 予選を通過し決勝トーナメントに進みました。

□7/22(日)決勝トーナメント1日目
○JFE西日本 vs ×富士通小山
     21 - 11
     21 - 9

○JFE西日本 vs ×PSES新潟
     21 - 13
     21 - 10

*堅さの取れてきた選手達。伸び伸びしたJFEバレーの安定した試合
 運びで無難に駒を進めます。

□7/23(月)決勝トーナメント最終日
(準々決勝)
×JFE西日本 vs ○住友電工大阪
     17 - 21
     20 - 22

*ベスト8の準々決勝からいきなり強豪、住友電工。でもここに勝たな
 いと真の日本一には手が届きません。

*1、2セット共、JFEが強力なサーブで先行し3~4点のリードを取な
 がらも、勝負巧者の住友電工にじりじりと追い上げられて気づけば
 同点の展開。
 2セット目もJFE20-17住友電工と3つのセットポイントまで追い詰めま
 したが、ここで出てきたピンチサーバのフロータサーブに翻弄され、
 まさかの5連続失点の逆転負け。う~ん、くやしい。

*この夏猛暑の中でも日々の練習で体力面、技術面を鍛えて、2年目が
 3人レギュラーに入って若返ったチームは良い感じで来てましたが、
 メンタル面の強さも必要と課題の見えた大会でした。

*この後、準決勝:徳洲会2-0住友電工、決勝:横河電機2-0徳洲会の
 いずれの試合も僅差の好勝負ばかり。全国トップ8の実力差はあまり
 ありません。10月の福山トップリーグはやっぱり見ごたえありそう。

(準決勝)
○中部徳洲会 vs 住友電工大阪
     23 - 21
     27 - 25

(決勝)
○横河電機 vs 中部徳洲会
     21 - 16
     26 - 24

 

■大会結果
(優勝)横河電機(東京都)
(準優勝)中部徳洲会(沖縄県)
(第3位)住友電工大阪(大阪府)JT東京(東京都)
(ベスト8)JFE西日本(広島県)他

2018年07月27日