2016年櫻田記念大会初優勝 お礼の言葉

 福山で活動する当部(同好会)は金沢で開かれた2016年度最後の全国大会で、創部以来50年の歴史で初の全国制覇を果たしました。昨年までの全国大会成績は準優勝まで。今年は他に毎年3つある全国大会でもベスト8、5位、ベスト16と全くの不調。チーム全体に気合を入れ直し、厳しい練習にも耐えて臨んだ本大会では、神がかり的な集中力と精神力を発揮し、見事初優勝を飾ることが出来ました。選手を支え応援下さった職場の皆様、有志応援団の皆様、暖かいご声援を送り続けて頂きありがとうございました。今後とも、JFEバレーボール部へご支援ご声援よろしくお願いします。全国優勝連覇を目指し高い志で頑張ります!!

【試合結果】

◆櫻田記念大会の由来◆
 この大会名の「櫻田」は福山出身の櫻田武氏から取られており、福山市に縁のある大会なんです。

 1904年(明治37年)福山市に生まれた櫻田武氏は、日清紡績の社長、会長、相談役、日本経団連会長、国鉄諮問委員会委員長、財政制度審議会会長などの要職を歴任され日本経済の発展に大いに貢献された方だそうです。加えて長く日本バレーボール実業団連盟の会長として国民スポーツや社会文化の向上にも務められ、1985年(昭和60年)に81歳で逝去されましたが、その頃国内の9人制バレーボールを盛り上げようと企画された当大会に「櫻田記念」と同氏の名前を冠し、長く同氏の偉業を称えるとともに大会の権威を高めることとしたそうです。
 福山市役所をバレー部が市長表敬訪問で訪問した際、櫻田武氏の肖像画が長廊下に掛けられているのを拝見しました。数年後にはこの櫻田記念大会を何としても福山に誘致し、日本一を競うJFE西日本を多くの福山市民の皆さんご覧頂くと共に、櫻田氏に恩返しをさせて頂きたいです。

2017年05月18日